コンテンツへスキップ

Nikon 8cmアクロマート 今晩の月(2017.4.29)

2017年4月29日

昨晩は8cmとは思えないほどの木星像を見せてくれましたが、今晩は少々気流が悪いようです。
この50年近く前の望遠鏡、まだ手に入れたばかりなのでこれから少しづつメンテしていく予定です。


Nikon 80mmFL1200mm + K25ミリ + Sony サイバーショットRX100
手持ちコリメート撮影

4件のコメント
  1. SN01847/L106-41 permalink

    昔天文少年さん、おはようございます。
    Nikon 8cm、よく手に入れられましたね!まだused marketで流通しているんだと吃驚でした。対物レンズや独特な赤道儀の程度はいかがですか?

    • おはようございます。
      対物の程度ですが、年代を考えるととてもいいと思います。よく見るとわずかなスクラッチとカビにはなっていないですが小さなシミがある程度です。昨晩は夜半頃から気流がとても良くなり、テレビュー85も出してサイドバイで比較しました。木星の見え味ではコントラスト&解像感ではニコン、色再現ではテレビュー(差があるのかどうかも微妙なところで強いて言えばのレベル)で互角です。5ミリの口径差は無いです。ニコンは木星面はやや黄色味かかるも色収差は感じられませんでした。また、おとめ座γポリマやさそり座アンタレス、ダブルダブルνなどの二重星もどちらの望遠鏡でもほぼ同様な分離でこちらも互角です。アイピースはニコンにはニコンO-7(171倍)、タカハシOr9(133倍)、テレビューにはナグラーズーム3-6を用い大体の倍率調整しました。
      赤道儀はこちらもまずまずですが、ウォーム周りに遊びがあるので要調整です(シムを取り寄せ中)。いろいろ言われる架台ですが三脚部含めタカハシのTS80より頑丈です。とにかく長い鏡筒の割に揺れが少ない!

  2. SN01847/L106-41 permalink

    かなり程度の良い個体みたいですね。Nikon 8cmにはかなりお目にかかっていませんが(西村30cmニュートンカセを備えた高校の天文台の備品にありました)、当時からセミアポレベルと言われていましたし、見え味も良かったのを覚えています。また、三脚の開度で極軸調整する独特のS字赤道儀が印象的でした。今後のメンテが楽しみですね。

    • こんばんは。
      年代を考えると程度は良い部類だと思います。
      レンズはしばらくはこのままで、架台周りを少しメンテする予定です。
      ウォーム周りのガタは調整機構がないのでシムで調整するしかないみたいです。
      三脚の石突の板金カバーが一部朽ちていたので早速薄板を裏打ちして再塗装しましたよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。