コンテンツへスキップ

ビクセンFL102S 今晩の月(2017.4.4)

2017年4月4日

日没後、急に風が強くなり、またわずか30分ほどの間に気温も5度以上下がりました。
その影響で月は天頂付近にあってもかなり揺らめきが大きかったです。
しばらくすると気温の低下も収まり、風も穏やかになって、口径10センチクラスでは限界近くまで月の細部を見ることができました。
さすがにビクセンのフローライトは名機と言われるだけあって素晴らしい像を見せてくれます。
高倍率にするとなんとなく月面が薄青緑っぽく感じるのはフローライトの特性でしょうか。


Vixen FL102S + UW20ミリ + Sony サイバーショットRX100
コリメート撮影  1000*1500 pixel(画像クリックで拡大)


Vixen FL102S + UW9ミリ + Sony サイバーショットRX100
コリメート撮影  1500*2250 pixel(画像クリックで拡大)

2件のコメント
  1. SN01847/L106-41 permalink

    これまた素晴らしい!
    アルプス谷のリルまで見えそうな勢いですね。
    かなりシーイング良かったみたいですね。

    • こんばんは。
      シーイングは良かったですね。
      コリメートでは10cmの限界近くまで写っていると思います。
      アルプス谷のリル、見えそうだったのですが、写真でもわかるように光の角度が悪かったです。谷底半分くらいが影でした。でも条件が整えば見えそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。