コンテンツへスキップ

久しぶりにTeleVue85で観望(2015.5.2)

2015年5月3日

今年のGWは天候がいいです。
今日はTeleVue85を出しました。
シーイングもかなりよく口径85ミリでは大きな乱れはありません。

南に来た土星を見ます。環が大きく開いているのでカッシーニの空隙は100倍以下でもはっきり見えます。
TeleVue85は大変シャープなのですが、色収差が若干あります。それも赤~赤紫系の色付きで、他の望遠鏡とは少し異なります。
そのためかコントラストは高く、土星は明るさを除けばTS-130、TeleVue102と遜色無い見え方です。

ところで今日の興味は、さそり座のアンタレスとνの二重星です。
どちらも口径85ミリにとっては難物です。
まず、アンタレスです。
ナグラーズーム3-6ミリを用います。
さすがに100倍ではちょっと無理ですが、倍率を150倍以上にすると第一回折リングに貼付くように伴星が見えます。しかし、色までは判別できません。このクラスでは以前WOのメグレス90で見ていますが、それよりもはるかにはっきりと伴星がわかります。
さらに小口径では最良のシーイングのもとTeleVue60で見ました、このときは回折リングの内側に伴星が見えました。

つぎに、さそり座νです。これはダブルダブルで暗い方は比較的簡単に分離できるのですが、明るい方は100ミリでも難しい対象です。
これも倍率を上げると、だるま型に見え、二重星であることがはっきりわかります。
この口径でここまで見えれば立派なものです。

wpid-ceb1sco-2015-05-3-20-14.jpg
さそり座アンタレス TeleVue85+Naglar Zoom3-6(天頂ミラー)
wpid-cebdsco-2015-05-3-20-14.jpg
さそり座ν TeleVue85+Naglar Zoom3-6(天頂ミラー)

7件のコメント
  1. ケルナー permalink

    こんばんわ。大変ご無沙汰をしています。色々と懐かしい望遠鏡等充実していて羨ましい&びっくりです!自分は以前と変わりなく8cmと5cm屈折鏡の2本でアイピースも谷Or25mmが増えた位・・・F15という鏡筒ではシンプルなレンズ構成で充分という結論に達し、ベーシーックなアイピースにも個性があり個性の違いを楽しむのにハマっています。レンズ構成の少なさやシングルコーティングであってもヌケやキレがあればマルチコートでなくても良い!

    スコープタウンのK10mmやPL9mmあたりを使用してみたいですね。
    笠井のAPも在庫だけなので10mmを早速、購入しようと思ってます。
    アンタレス伴星は8cmではキツイ対象ですがさすがTV85mmであっさり確認とは参りました。やはり覗きなれてる強みでしょうね!?

    • おひさしぶりです。
      古い望遠鏡は使っては手放しの繰り返しです。
      現在、手持ちにあるのはプロフィールに書いてあるものです。
      なかなかたくさんは持てません。
      当時、憧れていたもの、気になっていたものを入手してみては、その性能を確かめているのです。タカハシのV-1だけは手放して後悔していますが・・・
      アイピースも結局、シンプルなテレビューのプルーセルと便利なナグラーズーム、そしてツアイスサイズのオルソになっています。
      シンプルなアイピースは覗き辛さはあるもののヌケとコントラストがよく、惑星や月はよく見えますね。
      カサイのAPは、同じものがセレストロンのウルティマでしたが、5mmと7.5mmを使いましたが、視野がプルーセル同等に広くいいアイピースでした。セットでそろえるのが難しかったので結局手放してしまいましたが。

  2. ケルナー permalink

    こんばんわ。V-1手放したんですね(ToT)/~~~僕はJSOの12.5SCを手放したのを後悔しています。オクで出たら買戻しをしたいですがなかなか出てこないです。鏡筒は特注色ですから塗り直ししてなければすぐわかります(^_-)-☆
    アイピースはベーシックなモノの観望比較が楽しみですね。笠井APはセレストロンのウルティマなんですね、マスヤマのアイピースと一緒だとも聞きましたが・・・評価が高いアイピースですね~
    今夜は薄雲がかかっていますが夜半にはどうでしょうか?
    シーイング良ければ土星観望がてらアンタレスに挑戦してみます。

  3. ケルナー permalink

    追伸 
    遊星号5cm屈折で土星観望し今撤収!
    キョーエイ15mm ×53 土星像は小さいながらヌケ・キレがいい。
    谷Or9mm ×88 やや黄味がった土星であるがシャープである。
    MH8mm ×100 周辺像も破綻がなくOrと遜色ない見え味。
    Orの黄色っぽさが取れてこちらのが好みの土星像。×100が気持ちよく見る倍率の上限でしょうか。

    いつも感じるのは谷Orは黄色っぽくTVのPLは白っぽく見える。レンズのコーティング差によるものか?!屈折特有の落ち着いた像質はいいものです。
    8cmは設置に手間が少しかかるから、やはりお手軽な遊星号の稼働率が高い。ちょっと見てから寝るのがいいですね(^^)v
    遊星号は簡易ファインダーしかないから余ってる3cmのファインダーとガッチリした鏡筒バンドを取り付けようと思案中です。

    アンタレスはまた気流の良い日に挑戦します!おやすみなさいZZZ
     

    • こんばんは。
      望遠鏡って組立、撤収が面倒なんですよね。
      小口径屈折は楽ですね。
      あと、赤道儀より経緯台ですかね。
      赤道儀は持っていても、ついつい経緯台を出してしまいます。

      ところで、谷オルソは黄色いですか?
      以前木星を見たときはTVプルーセルが少し黄色みを帯びて、縞が濃く見え、谷オルソは白っぽくて模様が薄く見えたと記憶しています。対物レンズとの相性でしょうか?

  4. ケルナー permalink

    こんばんわ、全く真逆の感想ですから対物レンズでしょうね・・・

    今日は土星を8cmで観望してました。
    確かに赤道儀面倒です(-_-;) 特にTVのPL、アイレンズ側は意外にもツルツルで迷光で光りますから先日、遮光シートを丸く切って貼り付けました。ついでに谷Orの先細りのアイレンズ側も遮光シート貼っちゃいました。
    コントラスト、確かに上がったと思います。(気のせい?!)
    こと座ダブルダブルスター☆☆いつみてもいいですね~アルビレオは口径がもう少し大きいともっと色が鮮やかに出ると思うけど綺麗です!

    アンタレスは今日はイケそうでしたが伴星の検出ならず・・・土星はシャープに見えたんでイケると思いましたが残念でした(T_T)
    谷Er25mmは派手さはないけど落ち着いた像質で見ていて気持ちいい。
    F15なんで周辺像の悪化もなくいいアイピースだと思いますね~

    しかし、ネコ屋さんの谷Erなんであんなにもお高いんでしょう??

    おやすみなさいZZZ・・・

    • こんばんは。
      フィールドスコープで月を見ているうちに曇ってしまいました。

      アンタレスは10センチだと案外楽に見えるのですが、8センチクラスだとよほど気流がよくないと難しいです。
      土星は暗く細かい模様が小口径だとわからないので、気流があまり良くなくてもそこそこシャープに見える感じがします。

      谷Er25mmは以前使っていましたが、シャープで良いアイピースだと思います。あの形状が気に入らなくて手放してしまいましたが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。