コンテンツへスキップ

Nikon1コリメート撮影システム

2013年8月18日

昨晩、Nikon1 J1でのコリメート撮影がそこそこうまくいったので、撮影システムというほどのものでもありませんが紹介します。

カメラホルダー、アイピースホルダー、スペーサーで構成しています(1枚目写真)。
アダプター類は画用紙を巻き巻きです。

今回はアイピースホルダーをFinePixX100と共用するために分離式にしています。
アイピースホルダーにアイピースを付けると2枚目写真のようになります。アイピースはカメラレンズに極力近づけたいので少し飛び出る位置で止まるようにしています、これによりカメラレンズのフィルターネジ部分の高さをキャンセルしています。

カメラホルダーはカメラ部分やレンズ部分の出っ張りがあるので干渉しないように外側や内側に切り欠きをいれています。
とくにレンズ側のロックボタンがズームにより廻りますのでその逃げも必要です。

スペーサーはズームによりカメラレンズ長が変化するのでその差分(3ミリほど)を吸収するためにアイピースホルダーとカメラホルダーの間に挟みます。

3枚目の写真がセットした状態で、通常は天頂ミラーを使っているのでこのように積み重ねるだけで問題はありません。
ただし、勘合部はちょっとばかりきつめにしています。
紙で出来ているので、とても軽いので接眼部への負担は少ないです。

ビクセンなどから汎用タイプのデジカメアダプターが出ていますが、カメラと望遠鏡の光軸合わせが面倒です。
またどうしてもわずかに軸がずれるので片ボケやピント面での甘さが出てしまいます。横からの光も心配です。

このコリメートシステムは、紙とはさみとのりと巻き付ける程よい径の円筒状のものがあれば、数百円で出来てしまいますのでとても経済的ですし、なんといっても軸がぴったり合うので質の高い写真が撮れますよ。

p1010614a-2013-08-18-10-44.jpg
p1010617a-2013-08-18-10-44.jpg
p1010620a-2013-08-18-10-44.jpg

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。